ロバとヤギとニワトリその他


ロバとヤギ



家畜であるロバとヤギは木製の柵の中で展示されている。この一角には人間とかかわりの深い家畜類やペットとしても人気の動物達が集まっている。


アフリカに住む野生のロバから改良された家畜のロバ(左)と角が立派な家畜のオスのヤギ(右)。ヤギも中近東の野生ヤギから改良、家畜化されたもの。


ミーアキャットなど



小さなケージが長屋のように連なっていて小動物が展示されている。向かって右手にミーアキャットなど、左手にニワトリの仲間が展示されている。


大量に展示されているテンジクネズミ(左)は実験用に良く使われる。ペットとして飼う場合はモルモットと呼ばれる。右は岩狸目 イワタヌキ科のケープハイラックス。寒さに弱いらしく展示場は十分に保温されている。風が入らないように前面にビニールが張り巡らしてあるので寒い時期は写真が撮りにくい。


立っている姿が可愛いミーアキャット。


ニワトリの仲間



ショウコク(左 天然記念物) と ゴイシチャボ(右 天然記念物)


ミノヒキチャボ(左 天然記念物) と コシャモ(右 天然記念物)


アカオヒメシャクケイはニワトリではなくキジの仲間。キジ目ホウカンチョウ科で展示場の都合でこちらにいるらしい。