微妙なライバル心



富士山は周囲に並ぶ山並みも無く突然そびえ立っているため、どの方向から見ても美しい山の姿が眺められる。
北側は山梨県、南側は静岡県に2分され双方からの眺めはそれぞれに美しい。
が、富士山は両県の県境に頂上があるため、それぞれに微妙なライバル心があるようだ。



そんな中
フジテレビの人気番組「ほこXたて」 内で両県のどちらから眺める富士山のほうが綺麗かという「ほこXたてバトル」 が開催された。
どちらからが沢山の人が眺めているかならば間違いなく新幹線や東海道、東名高速が通っている静岡県側だろうし、どちらが富士山の表側かといえば、南側に位置し太陽の当たりが圧倒的に良い静岡側の方が人通りの多い道路に面した表側に思える。富士の北側の山々は富士山の裏山の印象さえある。ただし登山者に限ってみると、登山者が多いのは山梨県の富士吉田ルートで山梨県側が表玄関とも言える。そして、「どちらの方が美しい富士山がみえるか」 となるとこれは難しい。特に写真対決となると太陽が常に当たりピカピカ一辺倒の静岡側に対して雲の形と色に圧倒的なバリエーションを持つ山梨側では山梨県に分がありそうな気がする。

「ほこXたて」 は題名の通り普通は 「ほこ」 と「たて」 の戦いなのだが、静岡、山梨対決は鉾と盾の関係では無いので、番組の本来の趣旨とは少し違うちょっと変わったバトルとなった。



番組開始


番組では最初に静岡、山梨双方の県民の富士山に対する意見や応援をインタビューし、それぞれ自分たちの方が美しい富士山だと自慢する様子を放映して盛り上げる。
静岡県側からは富士市の観光課の職員が、山梨県側からは富士急行株式会社の職員が代表してバトルを繰り広げることとなった。

題して

どちらの富士山が日本一美しい?


富士山の火口の東南東の斜面にある宝永山が山梨側からは見えないため富士山は左右対称の形に見える。ところが静岡県側からは宝永山がはっきり見える。

山梨県の人は 「こちらの方が形が整っている」 と主張すれば、静岡県の人たちは 「こちらの方が味がある」 と譲らない。

そして双方が絶景ポイントとして3箇所ずつを紹介。このあたりはたんなる観光スポットの紹介。


静岡県


富士市観光課の職員さんが絶景ポイントとしてまず紹介したのは


日本平の展望台。駿河湾と宝永山も望める風景で、実際に見ると絶景なのは容易に想像がついた。


裾野市水ヶ塚公園。公園の目前に富士山。実際に見るとその大きさに圧倒されそう。


東名富士川サービスエリアにある石碑の穴から富士山を眺めるというもの。まあこれはどうでも良いような。


山梨県


富士急行株式会社の職員さんが紹介する絶景ポイントは


富士河口湖町の天下茶屋前で太宰治が左右対称の富士山の姿を気に入ったのか3ヶ月も滞在したという。確かに対称だが手前の山は邪魔な気がする。


名水百選に指定されている忍野八海から見る富士山。わらぶき屋根との対比が美しい。実際に見たほうが美しそうだ。


河口湖の 「おんやど・富士吟景」 の屋上露天風呂から見る富士山。温泉に入りながら富士山、これは文句無しの極楽絶景だろう。